資源と経済の関係を知って、世の中を理解しよう!

人間が文明を発達させてきてから、地球の限りある資源はどんどん減ってきています。正確には、人間が使用しやすい形の資源が枯渇してきているだけで、地球上での絶対量はほぼ変わっていないのですが、いずれにしろ人間が使用できる資源は少なくなってきているのは事実でしょう。
この、人間にとって大切な資源の価格は世界の経済を大きく左右します。特に石油や天然ガスなどのエネルギー資源は、今の文明を支える非常に重要な資源なので、影響はそのなかでもかなり大きいのです。何度も石油危機が世界で起こったことを考えればわかりやすいでしょう。この資源と経済はどのように関連しているのでしょうか?簡単に解説していきましょう。

資源の枯渇と価格の関係
資源について一番心配されることは、枯渇することでしょう。石油や石炭はもちろん、レアメタルなどの鉱山資源についてはあと何年で枯渇するかが計算されていて、どう対応するかが問題となっています。
ここで、資源が枯渇に向かうとその資源の価格はどうなるのか見てみましょう。資源が少なくなると、その資源の希少価値が高くなるということなので、価格は上がります。それと関連して、資源の枯渇までの年数が増えるという現象が起こります。これは、資源の価格が上がることで、それまで採掘が難しくてお金がかかりすぎるようなところで資源を採掘しても、その資源を売った時に得られる収益が大きくなるので、赤字にならなくなるからです。よって、これまで採掘されていなかった場所での採掘が進み、その資源が枯渇するまでの年数が上がるのです。しかし、価格の高さはあまり変化しないでしょう。

資源の輸出制限による影響
資源の価格が大きく変わる要因は枯渇だけではなく、産出国が資源を輸出制限することも要因の一つとなります。これは石油危機の際に中東の産油国から石油の輸出が制限されたことを考えればわかりやすいでしょう。資源は人間の生活を営む上で基本的なものになるので、このようなことが起こるとたちまち世界的に経済状況が悪化することが多いのです。

武蔵境 賃貸 相場

離婚に関する問題、まずは一度ご相談下さい

馬のことが詳しくなればなるほど、やめられないなー!!